親知らずをよく知ろう

親知らずは、もっとも奥にある奥歯で上下左右に合計で4本あります。

第3大臼歯ともいいます。

多くの歯が子どものうちに生えてくるか、生え変わるものですが、この歯は、10代の後半から20代前半に遅れて生えてきます。



生えてこないで、歯茎の中に留まったままでなかなか生えてこない人がいます。


中には横向きに手前の歯(第2大臼歯)を押すような方向に向いたまま表に出てこない状態になってしまう場合があります。
こうなってしまうと様々な症状が現れることがあります。



痛んだり腫れたりすることになやまされる場合があります。


生え方によっては、歯周ポケットが深くなるために、炎症が起こったり、痛みが長く続いたりする歯周病を引き起こす原因となりがちです。

同じ理由から清潔に保つことが難しく、菌の繁殖により口臭を生じることになってしまうことがあります。

さらに複雑な歯周ポケットととなりがちですので、となりの第2大臼歯との間で虫歯になることがあります。


また、常に狭い場所に親知らずが生えようとしていることから、歯並びが悪くなることにもつながります。この場合には若いうちに抜歯することが多いです。特に不都合なことはないといわれています。


親知らずが横向きに生えている場合などは、根元の先が血管の近くを通ったり、骨を削る場合もあるなどの理由から、一般の歯科ではなく設備と専門医師のいる総合歯科の歯科外科で行うことが多いです。
抜歯する場合、通常は局所麻酔で行えます。